今年は入るかな~?

昨年は全滅だったニホンミツバチの養蜂箱です。
始動が滅茶苦茶遅かったのと、猛暑だったのと、置く場所にも問題があったように思います。
今年は裏の山林で、七里岩を背にした涼しい場所を選びました。
蜂の先生が誘引剤はお彼岸にということなので、本日2箱に吊るしました。
さて入るでしょうか?
先日、外で作業していた時には、黒っぽい小柄なミツバチが飛んできたので、たぶんニホンミツバチの偵察隊ぢゃあないかなと思います。
入ってくれると嬉しいなぁ

旧Blogはこちら
instagramはこちら
X(twitter)はこちら
facebookはこちら

↓いつも「応援」をありがとうございます。嬉しいコメントお待ちしております。

    2 件のコメントが “今年は入るかな~?” にあります。

    1. りえ より:

      ハチミツって、本当に花の種類で味も香りも違うのですから、不思議ですし、ミツバチのお陰ですよね。巣箱に来てくれると良いですね!

      1. りえさん ほんとほんと、前に珈琲の花の蜂蜜を頂いたら、珈琲の薫りがしました。
        生の珈琲豆には、珈琲の薫りはしないのに、花の蜜は濃縮されるからなのか、焙煎した珈琲の薫りがするなんて、ほんとに不思議だと思いました。
        白州花水には養蜂をされちる方がたくさんいて、お家の庭に養蜂箱が結構おいてあります。
        うちの裏の竹林を抜けた上のお家のおじさんは、西洋ミツバチをやっていて、敢えて花の咲く時期毎に蜜は絞らず、いろいろ混ぜた百花蜜にするんだそうです。
        1匹のミツバチが一生涯に集める蜂蜜は、小さいスプーン1杯分なんですって。
        そう思うと、蜂蜜の瓶は最後にお湯でゆすいでレモン汁絞って飲まないと申し訳ないなって思っちゃいます。

    この投稿はコメントできません。