雑草に負けるな!!クラピアK7

お店の前に植えて育てているグランドカバープランとは、道路側の石垣近くは痩せた土でもOKなハツユキカズラ、人があまり踏まないまわりは、ダイカンドラという常緑のふわふわのやつ、そして真ん中は一番踏まれてもつよいクラピアK7。
冬の間はなかなか増えませんでしたが、春になり初夏を迎え、このところの十分な雨で急速に伸びて来てくれました。
そして、クラピアには小さい薄ピンクのかわいいお花が咲きました。
抜いても抜いても生えてくる雑草たちは、お前たちにまかせた!!
がんばってね~~~
だいぶ増えて来たので、踏み石代わりにクラピアの上を歩ける位にはなってきました。
このクラピアという草は、元々は日本ではイワダレソウ、または外来種のヨーロッパイワダレソウの交配種です。
繁殖力はなかなかすごいのですが、その分お花が咲いた後に種を落とすので、逆に増え過ぎるというデメリットも。
現在では販売禁止になってるものもあります。
今回植えているのは花は咲くけど種は出来ないタイプで、尚且つお花は咲いてくれて、尚且つあまり背が高くならないので刈込み不要という優れものです。
土の上を隙間なく埋めるように広がるので、雑草たちは光合成が行えずに、いずれはクラピアだらけとなる予定です。
そうすればぬかるまなくなりますから最高なんです!!
裏の山林手前に盛った基礎工事や浄化槽で出た残土の山には、クサソテツを植え土を固めようとしましたが、どうも陽当りが意外に良くて、水はけがよくて、うまく成長出来ないので、ダイカンドレの種を蒔いてみました。
こっちも増えてくれるので、地面をうまく覆ってくれれば、相乗効果でいい感じになってくれるといいのですが。

旧Blogはこちら
instagramはこちら
X(twitter)はこちら
facebookはこちら

↓いつも「応援」をありがとうございます。嬉しいコメントお待ちしております。

    2 件のコメントが “雑草に負けるな!!クラピアK7” にあります。

    1. チーちゃん より:

      可愛い花が咲きましたね。
      クラピアは強くてなかなか優れた植物のようで、人に踏まれるほど繁茂して芝生の10倍ほど広がるそうですね。花も可愛いですね。
      K71のお花は最盛期には白に変わるそうですか、本当ですか?

      1. チーちゃん お詳しい!!
        薄ピンクの花と聞いていましたが、白くなるのか観察してますね。
        踏まないと上にのびるので、踏んであげると面で広がるそうです。
        ランナーがドンドン伸びるので、ある程度繁茂すると、今度は広がり過ぎるというデメリットもあるようですが、うちの前にはの場合には、恐らくクラピアのランナーが乗り越えられない程度の石垣があるので、そこで止まってくれるのではないかと期待しております。
        いずれにしても、草むしりは畑だけで済ませないと、夏場はお休みがとれません(笑)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です